採用情報

2018年 サマーインターンシップ

新卒採用について


東芝マテリアルのインターンシッププログラムは、当社の得意とする高機能材料をベースにした部品・デバイス開発・製品開発に従事していただき、実際に働く社員と触れ合いながら企業における研究開発の考え方を学ぶプログラムとなっています。
この機会を通じて、職業観の確立や次世代のエンジニアとしての素養を磨くきっかけになれば幸甚です。

インターンシップ 募集要項

実施期間 (A)2週間コース:2018年8月20日(月)~ 8月31日(金)
(B)4週間コース:2018年8月20日(月)~ 9月14日(金)
募集対象 国内の高等専門学校 / 大学・大学院に在籍する学部生、修士、博士の方
実施場所 神奈川県横浜市磯子区新杉田町8 東芝マテリアル株式会社

待遇等

勤務時間 8:30 ~ 17:15
交通費 当社規定により支給します
宿泊施設 現居住地からの通勤が片道2時間以上の方に無償で提供します
日当 支給しません
食事代 勤務日1日につき1,000円を支給します
傷害保険 インターンシップ期間中の損害賠償保険・傷害保険につきましては、 ご自身で加入願います。 加入頂く保険につきましては、大学生協又は任意の保険会社等が取り扱う一般的な保険内容で差し支えありません。 また、インターンシップ初日に保険加入証明書のコピーを持参ください。

募集コース

     

コース番号①

コース名 窒化ケイ素セラミックス 試作と評価
インターンシップ期間 (A) 2週間コース:2018年8月20日(月) ~ 8月31日(金)
実習内容 窒化ケイ素セラミックスは、その優れた強度や耐摩耗性を活かしたベアリングボールや、絶縁性と高熱伝導性を兼ね備えたパワーモジュール基板などに応用されています。
実習では、この窒化ケイ素セラミックスについて実際に試作・評価を行って、特性発現の要因ならびに信頼性や品質を向上させるための基礎について実習いただきます。
実習生に求める条件 粉体、セラミックスに関する基礎知識を有する方。
     

コース番号②

コース名 機能性セラミックスの応用
インターンシップ期間 (B) 4週間コース:2018年8月20日(月) ~ 9月14日(金)
実習内容 半導体特性を制御した金属酸化物セラミックスの合成方法の開発と、その物性評価について、実際の開発用設備を使い、再現性等を考慮し、 量産につなげる開発や評価を実務体験していただきます。
実習生に求める条件 無機化学、半導体物性などの物理、化学をベースとした工学分野の基本的な知識を学習している方
※体験いただく内容が無機化学、半導体物性などの物理、化学をベースとした実習となるため、工学分野の基本的な知識を学習している方が望ましい。
 

コース番号③

コース名 生産設備の設計体験
インターンシップ期間 (A) 2週間コース:2018年8月20日(月) ~ 8月31日(金)
(B) 4週間コース:2018年8月20日(月) ~ 9月14日(金)
*ご自身の都合に合わせて期間は選択可能
実習内容 当社生産設備(装置)の機械系設計もしくは電気系設計を、CADを使い体験していただきます。
ご自身で設計した部分を製作し、その動作確認まで実習いただきます。
実習生に求める条件 ・機械(装置)に興味のある方
・CAD操作(2D/3Dどちらでも可)が出来る方が望ましいが、CAD経験が無ければ当社で教育いたします。
・実習内容が機械、電気の専門的内容が多いため、機械系、電気系を学んでいる方が望ましい。

コース番号④

コース名 経営工学・生産工学実習
インターンシップ期間 (A) 2週間コース:2018年8月20日(月) ~ 8月31日(金)
(B) 4週間コース:2018年8月20日(月) ~ 9月14日(金)
*ご自身の都合に合わせて期間は選択可能
実習内容 ファインセラミックスの生産ラインを使い、生産性の効率化についての手法等を実習し、合わせて生産ラインの設計を実習いただきます。
実習生に求める条件 機械設備、電気設備の実習であるため、機械系、電気系を学んでいる方が望ましい。

コース番号⑤

コース名 IoTによる工場の見える化実習
インターンシップ期間 (B) 4週間コース:2018年8月20日(月) ~ 9月14日(金)
実習内容 Iotデバイスを活用した生産ラインの可視化 ⇒ データ収集 ⇒ システム構築を実習いただきます。
実習生に求める条件 情報処理を専攻されている方、学習中の方が望ましい。

採用情報

新しいタブで開きます
:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウで開きます。
このページのトップへ
メニュー