極低温磁性蓄冷材

お気軽にご相談ください

受付: 9:00~17:00(弊社営業日)

お問い合わせ

極低温磁性蓄冷材

 磁性蓄冷材は、極低温(4K近傍)で磁気相転移に伴う大きな比熱ピークを示します。GM(Gifford-McMahon)冷凍機に、この磁性蓄冷材を適用することにより、液体ヘリウム温度(4.2K)においての高い冷凍能力を発生させることが可能となりました。 超電導MRI(Magnetic Resonance Imaging)などに4KGM冷凍機を使用すれば、液体ヘリウムの蒸発をゼロにする「ゼロボイルオフ」が実現できる可能性があります。

極低温磁性蓄冷材料
各種磁性蓄冷剤の比熱特性 グラフ

特長

  • 蓄冷材として鉛に代替する環境調和型製品
  • 15K以下での磁気相転移に伴う比熱変化が大きい材料
  • 球状粉(平均粒径100~300μm)によるガス圧力ロスを低減
  • 長期間動作による変形、微粉化のない球状粉

製品仕様

  • HoCu2、HoCu、Er3Ni
  • 平均粒径: 100~300μm その他の粒子径はご相談ください。

用途例

用途例イメージ
  • MRI診断装置
  • 磁気浮遊システム
  • クライオポンプ
  • 通信用超電導フィルタ
  • 超電導電力貯蔵装置
  • その他極低温利用機器(超電導応用機器)
  • GM(ギフォード・マクマホン)冷凍機
  • パルス管冷凍機

お気軽にご相談ください

受付時間: 9:00~17:00
(土日・祝祭日、年末年始・弊社休業日を除く)

お問い合わせ

関連製品

  • ノイズ抑制素子 アモビーズ®・スパイクキラー®
  • 磁性シート・LFアンテナ
  • マグアンプ用可飽和コア
  • 高透磁率コア FSシリーズ
  • サマリウムコバルト磁石
新しいタブで開きます
:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウで開きます。
このページのトップへ
メニュー