企業情報

環境への取り組み

環境への取り組み

東芝マテリアル株式会社は、株式会社東芝 横浜事業所と一体となって環境保全に取り組んでいます。

環境対応製品

有害物質代替

省エネ・省資源

株式会社東芝 横浜事業所 環境方針

横浜事業所は、東芝グループの注力事業である社会インフラ、エネルギー、電子デバイス、ICTソリョーションに関連した設計・技術開発・研究開発部門及び製造部門を有する多様な事業を合わせ持った複合事業所です。

当事業所は、環境保全を経営の最重要課題の一つと位置付け、全ての事業プロセスにおいて、ライフサイクルの視点に立って環境に配慮した 研究開発並びに製品作りを行い、低炭素社会、循環型社会、自然共生社会を目指し、持続可能な社会の実現に貢献すると共に、より良い地球環境を創造します。

  1. 当事業所の事業活動、研究開発、製品に関わる環境側面について、環境への影響を評価し、環境負荷の低減、汚染の防止、生物多様性及び気候変動への対応等に関する環境目的及び 目標を設定して、環境保護を推進します。
    1. 環境保全に関する法令、環境保全協定、東芝グループ第4次環境ボランタリープラン、当事業所が受入に同意した企業行動指針、顧客要求事項、その他の要求事項を順守すると共に、自主管理基準を設けて環境保全のレベル向上を推進します。
    2. 環境に関する法令・条例・協定、当事業所が受入に同意した要求事項及びその他要求事項を順守すると共に、自主管理基準を順守します。
  2. 事業活動が環境に及ぼす負荷を低減及び汚染を予防するため、次の活動を推進します。
    1. 判断基準の順守等によるエネルギー使用の効率化及びCO2排出量の抑制
    2. 廃棄物総発生量の抑制及び廃棄物ゼロエミッションの継続
    3. 化学物質の管理徹底及び排出量の削減
  3. 本来業務における環境配慮活動を積極的に推進します。
    1. 研究開発及びエンジニアリング業務における環境配慮
    2. 環境調和型製品の開発、提供
    3. 環境調和型生産技術の研究開発
    4. スタッフ及びサービス業務における環境配慮
  4. 東京湾閉鎖性海域に隣接した立地環境を認識し排水管理を充実させると共に、構内の緑化管理も含め生物多様性の保全を考慮して、地域社会と密着した環境コミュニケーションを継続的に行ない、地域への貢献と協調を図ります。
  5. 環境への取組状況を環境報告書等を通じて積極的に公開します。
  6. 所内全従業員は環境教育などを通して、環境方針の理解と環境保全に対する意識を向上し、行動を実践すると共に、環境管理の先導者の自覚を持って、その家族の啓発活動を行います。

CSR報告書ダウンロード

新しいタブで開きます
:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウで開きます。
このページのトップへ
メニュー