環境

環境に配慮した製品

環境について

 東芝マテリアルは、環境に配慮した部品材料を製造・開発しています。
 例えば、風力発電機のベアリング(軸受け用)ボールや、電気自動車・ハイブリット車のパワーコントロールユニットの絶縁放熱基板が挙げられます。

風力発電機用ベアリングボール

 風力発電機のベアリングは、

  • 風が強い沿岸沿いに多く設置されているため、潮風に晒される
  • 回転中に電気による腐食(電食)が発生する
  • 大型のベアリングなので、遠心力による負荷が大きい

 といった、過酷な環境にさらされています。また、風力発電機本体は地上40m以上にあるものが多く、メンテナンスが大きな負担になっていました。

 東芝マテリアルの窒化ケイ素ベアリングボールは、金属球と違い腐食・電食に強く、さらに高強度と耐磨耗性に優れた、長寿命な部品です。
 メンテナンスコストが低減できる素材として数多くの風力発電機に使用されており、地球のエネルギーを支えています。

電気自動車・ハイブリット車のパワーコントロールユニット用絶縁放熱基板

 パワーコントロールユニットとは、電気自動車やハイブリット車で、電池からの電気をモーターに流すための部品です。ここでは、昇圧や電気の直流から交流への変換、モータの回転数の制御、といった電気制御を行っています。

 パワーコンとロールユニット内の半導体部分でこの電気制御を行いますが、半導体は通電すると発熱をしてしまうため、外部に熱を逃がす必要があります。しかし、ヒートシンクはアルミ等の金属がほとんどで、そこに電気が流れてしまうと部品が壊れてしまい電気制御が不可能になってしまいます。

 半導体とヒートシンクの間には、熱は逃がすが電気は通さない素材が必須です。

 東芝マテリアルの窒化ケイ素セラミックス基板は、熱伝導性と絶縁性を兼ね備え、半導体の発熱を抑制することができるため、電気自動車やハイブリッド車のパワーコントロールユニットに使われています。

テーマ別に探す

環境に配慮した製品
新しいタブで開きます
:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウで開きます。
このページのトップへ
メニュー