採用情報

社員インタビュー

社員インタビュー

幅広い専門性を身につけ、
頼られる技術者になりたい

写真
研究開発部門
ASさん(2014年 / 新卒入社)

現在の仕事

開発・技術部では、販売製品の性能向上に関わる開発から、新規開発まで広く行われています。私は現在、主な仕事として、半導体の原理を応用した新規電池の開発に携わっています。目標性能を定めながら、実験(試作・評価・分析)のサイクルを回しています。

今まで経験したこと

開発の中では、まだまだ知識が足りず、文献、学会、社内外の専門家の知見を参考にしながら、日々、性能向上の可能性を考えることを心掛けています。実験の中で、今後に繋がる特性や改善策を見出せた時は、嬉しく感じます。
また、自社で難しい実験は、外部のメーカーや実験施設を見つけて相談したり、時には、外部から研究資金を調達したりと、少しでも開発を促進できるように取り組んでいます。
根気の要る仕事ですが、未だ世の中に無い価値を、製品として形にできる可能性があることに、モチベーションを感じています。

今後の目標

現在の仕事については、いつの日か事業化にまで漕ぎ着けたいと思い、開発を進めています。
技術者としては、幅広い専門性を身につけ、頼られる技術者になりたいです。また、開発のスピードを上げるために、上手く周りの人を巻き込みながら、プロジェクトを動かせるようになりたいと考えています。

聞くならこの人しかいない!と
頼りにされるように
営業スキルを身につけていきたい

写真
営業部門
MUさん(2009年 / 新卒入社)

現在の仕事

現在私は営業部に所属し、国内外のお客様への製品提案、新規顧客の開拓、製品の納期調整を行っています。産業向け / 医療向けなど複数の製品群を担当しています。

今まで経験したこと

入社してから幅広い製品の担当を経験しました。その中でも、新規事業の設立メンバーとして担当した製品では、市場調査、製品企画から行い、需要のありそうなお客様を見つけて製品を提案しました。受注獲得した際には達成感とやりがいを感じました。製品を一から立ち上げる機会に恵まれ、とても貴重な経験となりました。

今後の目標

今後は、担当のお客様からこの製品 / 市場について聞くならこの人しかいない!と頼りにされるように営業スキルと、技術面を含む製品知識や市場情報を更に身につけていきたいです。

お客様からも頼られるような技術者になることが
今後の目標

写真
生産技術部門
MMさん(2016年 / 新卒入社)

現在の仕事

私は熱電変換材料と、開発段階にあるタングステン・モリブデン製品の生産プロセス開発や歩留向上施策を考案する仕事に携わっています。同じ部署の人とだけでなく、製造や品質保証、営業部門の人達と協力して仕事をしています。

今まで経験したこと

どのような方法で製品を生産すれば良いのかを、実験で得られたデータや材料の分析結果を基に考えながら仕事を進めています。学生時代と違ってテーマが複数あるため、目標へ向けた計画をきちんと立ててから実行することが重要であると感じています。また、まだ知識不足な部分が多いこともあり、自分の力だけではうまくいかないこともあります。そのような時には社内外問わず詳しい人に聞いてみることも大切であると感じました。

今後の目標

まだまだ知らないことばかりで勉強の毎日です。多くの知識や技術を吸収ながら自分にしかない技術を身に着け、社内だけでなくお客様からも頼られるような技術者になることが今後の目標です。

自分の仕事の幅を広げて、
どんどん新しいことに挑戦していきたい

写真
製造部門
YMさん(2008年 / キャリア入社)

現在の仕事

私は2008年に、東芝マテリアルの技能職にキャリア採用で入社しました。現在はファインセラミックス製造課で焼結工程の作業長を務めています。主に車載用セラミック基板の製造工程で、素材に熱処理し形を造る作業です。私は以前にも製造業の経験があり、この環境ならば今までの経験を最大限に生かし、更なるキャリアアップが出来ると感じたのが、入社の決め手となりました。

今まで経験したこと

作業長としての仕事は、実際の作業はもちろん、作業計画を作成しそれを効率的に実行する為の調整や、設備メンテナンスやトラブル対応など、工程内の製造に関わる全てのプロセスを管理することです。私の取り扱う製品は生き物の様に繊細なので、細やかな変化が無いか注意深く見て作業をしています。ですから仕事の幅も広く、大変な事も多いのですが、実際の製品に触れている時間が長いので、誰よりも愛着があります。そして自分の作成した計画が円滑に遂行した時には人一倍の達成感があります。

今後の目標

東芝マテリアルは、製造、技術、営業が一丸となってモノ造りに真剣に取り組む社風があり、社員一人ひとりに“プロ”としての意識が根付いています。また職場にはバックアップしてくれる仲間や頼もしい上司が沢山いて、自分が困ったときや悩んでいるときなど、助けてもらったり応援して貰えるので、スキルアップ出来る環境が豊富です。今後も自分の仕事の幅を広げて、どんどん新しいことに挑戦していきたいと思っています。

日本で製造業をやる以上、
性能で負けない製品を作っていきたい

写真
開発設計部門
KAさん(2016年 / キャリア入社)

現在の仕事

私の所属している部署では、ファインセラミックスと金属部材を組み合わせた応用製品開発と、その製品をお客様へ提案する業務を行っています。私は主に、ファインセラミック基板を使った高放熱基板のエッチングプロセス開発と開発した装置の導入に取り組んでいます。

今まで経験したこと

業務内容が多岐に渡る部署なので、お客様の対応や工程改善、新規装置導入、プロセス開発など様々な仕事を経験させてもらっています。例えば、お客様の対応であれば数日以内、プロセス開発であれば数か月単位など、業務によって取り組む時間軸も大きく異なります。また、知識についても物理化学や金属学など幅広く必要です。しかし、その反面、製品に対して上流から下流まで携わることができ、自分の取り組みが反映されるところを見届けられる為、良い経験をしていると感じています。

今後の目標

日本で製造業をやる以上、性能で負けない製品を作っていきたいと考えています。ある意味、物理現象との戦いであり一筋縄ではいきませんが、乗り越えた時の達成感をイメージして取り組んでいきたいと思っています。また、日本国内だけでなく、海外でも通用する人材になりたいと考えています。

経験を積まないと見分けることが出来ない
繊細な検査で品質改善

写真
製造部門
RMさん(2008年 / 新卒入社)

現在の仕事

私は、シンチレータというX線検出器に使用される部品の検査を行っています。
シンチレータとはX線が当たると発光する素材で、X線検出器中でフォトダイオードへ光信号を伝達する部品です。医療の現場で使われているCT機器や空港の手荷物検査機、食品検査機などに使用されており、私たちの安心・安全な社会を支えています。

今まで経験したこと

シンチレータは発光材料であり、ほんの小さな不良部位があっても不良品となってしまうため、検査は非常に重要な工程です。小さな異物混入や色ムラなどの、経験を積まないと判別が出来ない繊細な検査であり、習得するのに苦労しました。経験を積んで判別が出来るようになり、一緒に働く仲間とデーターを解析して品質改善をすることで歩留りが向上することなどの成果があった時には働く上でとても励みになっています。

今後の目標

検査工程は、日々の出荷製品の不良品判別だけでなく、製造工程に何か異変が起こった場合いち早く気がつき、対策を講じる為の情報を関係部門へ報告する役割も担っています。お客様が安心して使っていただける良い製品を届けるために製造工程最後の砦として、更なるスキルアップを図っていきたいと思います。

新しいタブで開きます
:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウで開きます。
このページのトップへ
メニュー