磁力が変わる不思議な可変磁石のご紹介 | 東芝マテリアル
研究開発

磁力が変わる不思議な可変磁石のご紹介

  • 研究開発
  • 磁力が変わる不思議な可変磁石のご紹介

研究開発

磁石は、内部に小さな磁石がたくさん集まったものです。それぞれのNS極の向きがそろっていると強い磁石に、ばらばらだと弱い磁石になります。普通、この小さな磁石の向きは簡単には変えられないのですが、東芝マテリアルでは、強い磁界をかえることで小さい磁石の向きをそろえたり、ばらばらにしたりできる「可変磁石」を開発・量産化しました。
例えば、洗濯乾燥機に用いられる永久磁石モータは、「洗い」と「脱水」という回転数が大きく異なる運転領域すべてを高効率で実現することが難しい問題があります。洗いの時はトルク(磁力)を強くし、脱水の時はトルク(磁力)を弱くし回転数を上げるためです。この回転数に合わせて磁石の磁力を調整できれば高効率なモータが実現できます。

東芝マテリアルでは、SmCo系磁石の保磁力機構に着目し、熱処理などのプロセス条件を見直すことで磁力が容易に可変できる可変磁石を開発・量産に成功しました。今後は、ハイブリッド自動車や新たな磁石用途拡大を図り、これらの応用製品の省エネ等に期待されています。

磁気特性

磁気特性 グラフ
一般のSmCo磁石 可変磁石
Br [T] 1.10 1.10
iHc [kA/m] 795以上 500以下
Br/Bm [%] 93以上 93以上

用途

  • 可変磁力モータ 等

* 本可変磁石のご使用に関しては、当社及び第三者の知的財産権その他の権利に対する保証または実施権の許諾を行うものではありません

TS-32L, TS-28Lの磁気特性

材質名称 残留磁束密度 Br[T] 保磁力 iHc[kA/m]
TS-32L 1.12~1.20 500以下
TS-28L 1.04~1.12 500以下

お気軽にご相談ください

受付時間: 9:00~17:00
(土日・祝祭日、年末年始・弊社休業日を除く)

お問い合わせ
新しいタブで開きます
:このアイコンのリンクは、新しいブラウザウィンドウで開きます。
このページのトップへ
メニュー