可視光応答型光触媒 RENECAT®

安全性

安全性自主規格の評価基準をクリア、 だから人にやさしく安全です。

ルネキャットは、光触媒工業会が定める安全性自主規格を満たしています。

光触媒工業会は、光触媒技術の向上と高品質な製品の供給によって健全な市場形成を促すことにより、関連産業の発展と国民生活の向上に寄与することを目的とする団体です。ルネキャットは経口毒性、皮膚に触れたときの皮膚一次刺激性、アレルギー性など、光触媒工業会の安全性の自主規格をすべての項目において満たしています。 また、抗菌製品技術協議会の安全性の自主規格にも適合しています。細菌の増殖を抑え、ウイルスの感染力を低減させるルネキャット。安心して暮らしのさまざまな場所にお使いいただけます。

試験項目 光触媒工業会・抗菌性品技術協議会 安全性自主基準 ルネキャット(WO3)試験結果

急性経口毒性

2000mg/kg以上(LD50であること

2000mg/kg以上(LD50を確認
※評価可能上限値以上

皮膚一次刺激性

弱い刺激性以内であること
(刺激性 P.I.I.値0~2.0)

弱い刺激性(P.I.I.値0.7)

変異原性試験

陰性であること

陰性

皮膚感作性試験(アレルギー試験)

陰性であること

陰性

急性経皮毒性

規格なし

2000mg/kg以上(LD50を確認
※評価可能上限値以上

眼刺激性試験

規格なし

軽度刺激物レベル(於:非洗眼群)
無刺激物レベル(於:洗眼群)
※TiO2同等の刺激性

皮膚に対する光毒性試験

規格なし

無刺激物(太陽光下、蛍光灯下)
※TiO2より刺激性は低い

吸入毒性試験

規格なし

TiO2、陽性物質の天然水晶と比較し、
肺のダメージが少ない(水と同等)

※TiO2は現在主流の光触媒。食品添加物、化粧品、塗料など広く使われている。

ページトップへ

メニュー