実証データ 抗ウイルス効果

新型コロナウイルス
(SARS-CoV-2)


ウイルス力価:実験的に測定されるウイルスの細胞感染能力
(数値が低いほど感染能力があるウイルスの存在が少ない)

試験条件
抗ウイルス性試験方法 フィルム密着法
ISO 18071:2016ファインセラミックス(先進セラミックス,先進技術セラミックス)-
屋内照明環境下の半導体光触媒物質の抗ウイルス活性の求め方-
バクテリオファージQ-ベータを使用する試験方法を参考に実施
光源 白色蛍光灯 3000lx
(380nm以下の紫外光はフィルターでカット)
作用時間 6h
試料塗布量 4g/m2
サンプルサイズ 30mm×30mm

論文掲載誌:Biocontrol Science誌(日本防菌防黴学会,季刊誌)
2021年6月号(2021 Volume26 Issue2、p.119~125、
M. Uema, et al., “Effect of Photocatalyst under
Visible Light Irradiation in SARS-CoV-2 Stability
on an Abiotic Surface”)

新型コロナウイルス

※本データは材料特性に関するものであり、商品、物品の性能を保証するものではありません。


ネコ腸コロナウイルス
(Feline enteric coronavirus, WSU 79-1683)


ウイルス力価:実験的に測定されるウイルスの細胞感染能力
(数値が低いほど感染能力があるウイルスの存在が少ない)

試験条件
抗ウイルス性試験方法 フィルム密着法
(JIS R1756 ファインセラミックスー可視光応答型光触媒材料の抗ウイルス性試験方法ーバクテリオファージQβを用いる方法 に準ずる)
光源 白色蛍光灯 2000lx
(400nm以下の紫外光はフィルターでカット)
作用時間 8h
試料塗布量 4g/m2
サンプルサイズ 50mm×50mm

試験機関:北里環境科学センター

試験報告書No.:北環発2020_0106号(R02/7/20)

ネコ腸コロナウイルス

※本データは材料特性に関するものであり、商品、物品の性能を保証するものではありません。

A型インフルエンザウイルス(H1N1)


感染価:実験的に測定されるウイルスの細胞感染能力
(数値が低いほど感染能力があるウイルスの存在が少ない)

試験条件
抗ウイルス性試験方法 フィルム密着法
(JIS R1756 ファインセラミックスー可視光応答型光触媒材料の抗ウイルス性試験方法ーバクテリオファージQβを用いる方法 を参考に実施)
光源 白色蛍光灯 3000lx
(400nm以下の紫外光はフィルターでカット)
作用時間 8h
試料塗布量 4g/m2
サンプルサイズ 25mm×50mm

試験機関:北里環境科学センター

試験報告書No.:北環発24_0064号(H24/2/28)

A型インフルエンザウイル

※本データは材料特性に関するものであり、商品、物品の性能を保証するものではありません。

ネコカリシウイルス(FCV/F9)
(ノロウイルス代替評価ウイルス)


感染価:実験的に測定されるウイルスの細胞感染能力
(数値が低いほど感染能力があるウイルスの存在が少ない)

試験条件
抗ウイルス性試験方法 フィルム密着法
(JIS R1702 ファインセラミックス – 光触媒抗菌加工製品の抗菌性試験方法・抗菌効果​の方法 を参考に実施)
光源 白色蛍光灯 1000lx
(400nm以下の紫外光はフィルターでカット)
作用時間 6h
試料塗布量 4g/m2
サンプルサイズ 25mm×50mm

試験機関:北里環境科学センター

試験報告書No.:北環発24_0064号(H24/2/28)

ネコカリシウイルス(FCV/F9)

※本データは材料特性に関するものであり、商品、物品の性能を保証するものではありません。

アデノウイルス(Ad3)


感染価:実験的に測定されるウイルスの細胞感染能力
(数値が低いほど感染能力があるウイルスの存在が少ない)

試験条件
抗ウイルス性試験方法 フィルム密着法
(JIS R1756 ファインセラミックスー可視光応答型光触媒材料の抗ウイルス性試験方法ーバクテリオファージQβを用いる方法 を参考に実施)
光源 白色蛍光灯 3000lx
(400nm以下の紫外光はフィルターでカット)
作用時間 8h
試料塗布量 4g/m2
サンプルサイズ 25mm×50mm

試験機関:北里環境科学センター

試験報告書No.:北環発25_0052号(H26/3/14)

アデノウイルス(3型)

※本データは材料特性に関するものであり、商品、物品の性能を保証するものではありません。

ライノウイルス(HRV14)


感染価:実験的に測定されるウイルスの細胞感染能力
(数値が低いほど感染能力があるウイルスの存在が少ない)

試験条件
抗ウイルス性試験方法 フィルム密着法
(JIS R1756ファインセラミックスー可視光応答型光触媒材料の抗ウイルス性試験方法ーバクテリオファージQβを用いる方法を参考に実施)
光源 白色蛍光灯 3000lx
(400nm以下の紫外光はフィルターでカット)
作用時間 8h
試料塗布量 4g/m2
サンプルサイズ 25mm×50mm

試験機関:北里環境科学センター

試験報告書No.:北環発25_0052号(H26/3/14)

ライノウイルス(HRV14)

※本データは材料特性に関するものであり、商品、物品の性能を保証するものではありません。

大腸菌バクテリオファージQβ


感染価:実験的に測定されるウイルスの細胞感染能力
(数値が低いほど感染能力があるウイルスの存在が少ない)

試験条件
抗ウイルス性試験方法 フィルム密着法
(JIS R1756ファインセラミックスー可視光応答型光触媒材料の抗ウイルス性試験方法ーバクテリオファージQβを用いる方法を参考に実施)
光源 白色蛍光灯 3000lx
(400nm以下の紫外光はフィルターでカット)
作用時間 8h
試料塗布量 4g/m2
サンプルサイズ 25mm×50mm

試験機関:北里環境科学センター

試験報告書No.:北環発25_0318号(H26/3/17)

大腸菌バクテリオファージQβ

※本データは材料特性に関するものであり、商品、物品の性能を保証するものではありません。

*バクテリオファージとは菌を宿主とするウイルスのことです。

ページトップへ

メニュー