東芝トップページ お問い合わせ
東芝マテリアルトップページ 製品情報 事例紹介 FAQ 研究開発 企業情報 サイトマップ

トップ > 事例紹介 >「TRI-R」技術紹介

English

製品情報

太陽光スペクトル再現白色LED 「TRI-R (トライアール)」
技術紹介

TRI-R

TRI-R(トライアール)とは

TRI-Rは先進の紫色励起方式と蛍光体により、可視光の範囲において太陽光のスペクトルを忠実に再現した次世代のLED光源技術の名称です。

TRI-R専用サイト

TRI-R(トライアール) 専用サイト
[別サイトに別ウィンドウ表示でジャンプします]

TRI-R(トライアール)の技術

TRI-R発光方法 一般LED発光方法
TRI-Rスペクトル 一般LEDスペクトル

紫色LEDから発せられる全ての光を光の三原色である「赤」、「緑」、「青」を中心とした蛍光体で励起光へ変換し、混色して白色光を生成するため、部分的に波長強度が突出したり、反対に欠けることのない、自然な連続スペクトルを実現しています。

青色LEDから発生せられる光の一部を透過させ、残りを「黄」と「赤」の蛍光体で励起光へ変換し、透過した「青」と混色して白色光を生成するため、青色の波長強度が突出し、また青色と緑色の波長帯域が欠けた不自然なスペクトルとなります。

TRI-R (トライアール) の優れた演色性

TRI-R CRI 一般LED CRI

TRI-Rは演色評価数CRI(Color Rendering Index)において平均演色評価数Raが97であり、新評価基準のCQS(Color Quality Scale)でもQa97と非常に高いポイントをマークしています。太陽光の下とほとんど変わらない色と鮮やかさでモノを照らすことができるTRI-Rは自然な色彩の表現力を持っています。

製品ラインナップ

TRI-R COBの特徴

  • 太陽光を再現したスペクトル特性
  • 平均演色評価数(CRI / CQS)において、Ra97、Qa97を実現した超高演色性
  • 国際規格Zhaga仕様に対応したデザインが可能
  • 明暗境界付近でも色の分離が起こらない設計

  • 連続スペクトル、高演色が求められる製品にご利用いただけます
  • 色温度カスタム対応可能です

TRI-R COB
サイズ
(mm)
相関色温度
(K)
演色指数
(Ra, Typ.)
光束
(lm, Typ.)
効率
(lm/W)
出力
(W)
順電流
(mA)
順電圧
(V)
発光部径
(Φ)
15.0 15.0×12.0×1.5 2,700 97 590 90 6.6 190 34.6 8
3,000 605 92
4,000 640 97
5,000 655 100
19.0×16.0×1.5 2,700 1350 91 14.9 430 12
3,000 1390 93
4,000 1460 98
5,000 1490 100
24.0×16.0×1.5 2,700 2085 90 23.2 670 15
3,000 2150 93
4,000 2330 101
5,000 2370 102
28.0 28.0×28.0×1.5 2,700 4460 90 49.5 1430 22
3,000 4590 93
4,000 4830 98
5,000 4930 100